創業46年の実績と信頼、1972年に誕生した巻寿司マシンメーカーのパイオニア

私たち株式会社トップは、寿司マシンの開発・製造・販売を行う寿司マシン専門の日本のメーカーです。 巻寿司マシンにおいてのパイオニアメーカーで、初代の巻寿司マシンを1976年にリリースしました。

寿司職人の素晴らしき『技』を再現するための研究開発を続け、蓄積してきた経験・技術力を駆使し、新たな寿司マシンのテクノロジーを生み出しながら、日本国内および海外マーケットへ自社のオリジナル製品をリリースしています。
We Are Top. 詳細を見る

 

トップの寿司マシンは欧州・北米の規格に対応しています

CE MARK
トップの製品は、欧州・北米の規格対応済みですので安心して利用することができます。

 

世界中でトップの寿司マシンが活躍しています

トップは1998年から世界に寿司マシンの展開を始めました。現在では、トップの寿司マシンは欧州・北アメリカ・南アメリカ・アジア・オーストラリアなど世界中の国々で使われています。

Worldwide sushi maker Top

 

お問い合わせはこちら

トップが提供する寿司ソリューション

寿司マシン導入によるソリューション事例

トップのおすすめ海外進出向けSUSHIビジネスモデル「SUSHI ハンドロール」

sushi ハンドロールビジネス提案

詳しくはこちら

寿司ビジネス未経験・経験が少ないオーナー様

biginar

これから寿司ビジネスを始めたいが本当にできるかご不安をお持ちのオーナー様へトップは寄り添い寿司ビジネスの成功をお手伝いいたします。

詳しくはこちら

手作業から寿司マシンへ変えたいオーナー様

tekaramachine

現在の手作業では生産数や品質に限界がある、繁忙期に対応ができないなどのオーナー様の課題を寿司マシンの導入により解決いたします。

詳しくはこちら

寿司マシンを買い換えたいオーナー様

kaikae

現在の寿司マシンの入れ替えをご検討のオーナー様へ、トップは簡単で堅牢な寿司マシンをご提案いたします。

詳しくはこちら

 

寿司ソリューション事例のご紹介

ポーランドにはないビジネスモデルとしてハンドロール事業に注目そしてPANA HANROLLを開業

panda roll

飲食事業を立ち上げたい、まだポーランドにはないビジネスモデルとして、ハンドロール事業を立ち上げたい、そしてトップと出会いました。運よくミラノ万博にトップが出展するということを知り、イタリアまでデモンストレーションのために足を運び、ハンドロールを作る全ての工程を見せてもらい、機械化することのメリットなどを教えてもらいました。トップの寿司ロボットが多くの課題を解決し、我々の求めていたことと合致していたことは言うまでもありません。納得のいく機械の説明やデモ、必要な道具や寿司づくりのアドバイス、機械の設置やトレーニングまでしっかりとしたサポートサービスがあったこと、とにかく全てのサポートに満足をしています。

PANDA Handrollの事例詳細はこちら

 

手作業から機械化に成功 Restaurant La Lagune(スイス)

la-lagune making sushi

繁忙期には1日1,000人以上のお客様で賑わう私のレストランで、食べ放題の美味しい寿司を提供することは夢のようなプロジェクトでした。運よくロンドンでトップが展示会をするということを知り、デモンストレーションのために足を運び、お寿司を作る全ての工程、機械化することのメリットなどを教えてもらいました。実は事業を更に拡大することになったので、現在、新たなプロジェクトを立ち上げています。勿論、既にトップにはこのプロジェクトを伝えており、実現に向けてすでに動き出しています。トップはとても頼もしいパートナーです。

Restaurant La Lagune(スイス)の事例詳細はこちら

操作方法が簡単で、手で巻けることがトップを選んだ決め手。スペインバルセロナ「SUSHIEMON」

Sushi Restaurant Susiemon kitchen

トップの機械を最終的に選んだ理由は、2つあります。ひとつめは、操作方法が簡単であるということ。メモリやダイアルでライスシートの設定が簡単にできるということです。ふたつめは、ハンドルで巻くということ。この手で巻くことが、お寿司の柔らかさ加減の微調整調整であり、オートマチックでありながら絶妙な手作業ならではのコントロールできることに惹かれました。
機械を導入し数年が経ち、移転を経て、寿司ビジネスの合理化、オペレーションの簡素化を実現し今に至ります。寿司ロボット無しでは3日も営業ができないくらい頼もしい相棒です。

スペインバルセロナのお寿司レストラン「SUSHIEMON」の事例詳細はこちら

 

機械を導入するだけではなく、お客様に寄り添ったご提案やサポートを実施していることがトップの大きな強みです。
このほかにも、たくさんの事例があります。今後、随時アップデートをしていきます。ぜひ下記のソリューション事例一覧をご覧ください。

ソリューション事例一覧はこちら

寿司マシン導入の流れ

寿司マシンのお問い合わせから・ご検討・導入に至るまでの流れ

お問い合わせ
Contact Flow

はじめにお問い合わせフォームよりお問い合わせください。

ご質問なども遠慮なくお気軽にお問い合わせください。

お客様のご希望をヒアリング
operation staff
ご要望、疑問点、お困りの点など把握をさせてください。
やり取りはメール、Skype、電話、などお客様のご都合の良い方法をお選び下さい。*デモンストレーションをご希望の場合はぜひ事前にご連絡下さい。弊社ショールームにて実演致します。
製品のご案内
operation staff
見積り、製品ビデオなどお客様のご希望の製品に関して、可能な限りの情報をご案内いたします。*ご質問があれば何でも聞いて下さい。
お支払い
内容にご納得いただけましたら請求書を発行いたしますのでお支払いをお願い致します。
商品の出荷とお受け取り
shipping
お客様との取引条件に合わせて、出荷を致します。
出荷書類(インボイスやパッキングリストなど)の作成など迅速に対応致します。

お客様が寿司マシンの導入をご検討されてからご購入・お受け取りされるまでの詳しい流れ・よくある質問はこちらをご覧ください。

導入の詳しい流れを見る

よくある質問を見る

MIHIRO'S キッチン 寿司レシピ

寿司レシピコーナーへようこそ

トップの寿司マシンを活用したレシピを公開しています。どんどん更新して行きますのでぜひ参考にして下さい。

MIHIRO's キッチン レシピブログ

人気レシピ動画1

人気レシピ動画2

人気レシピ動画3

人気レシピ動画4

その他トピック&お知らせなど

お客様の声

追伸

トップから皆さまへのメッセージ

メッセージ

日本のすしロボットメーカーはどこも素晴らしい製品を作っています。
常にお客様の目線に立ち、時代の変化の中で、いつもしのぎを削っております。

残念ながら、30年という激動の時代の中で消えてしまったメーカーも多々あります。

”日本のすし文化を世界へ””おいしいごはんを世界へ”を合言葉にトップは世界中の皆様に、すしロボットを通じて「日本の食文化」「日本のおいしい」そして「お寿司で世界を幸せにしたい」と日々、研究開発を進め切磋琢磨しております。

それはどの日本メーカーも同じだと思います。

数少ない日本のすしロボットメーカーの中でトップは「手」を大事にしています。

元来「手」でお寿司は作るものであり、「手」で食べるものでした。今でもそれは変わりません。

故に「手」こそがすし職人とお客様をつなぐものでもあり、お寿司こそが「魚」と「米」をつなぎ、漁師の「手」と農家の「手」をつなぐ食べ物であるとトップは思います。

だからこそトップは「手作業」「手仕事」といった、「手」を大事にした製品を開発しメーカーとして「手作り」に拘った製品を皆様にご提案しております。

今、日本ではお寿司が身近にいつでもどこでも食べられるようになりました。

それでも未だお寿司は「ごちそう」です。

お寿司に限らず、ごはんが食べられることは幸せであり、ゆえに日本では感謝の気持ちを込めて「いただきます」ではじまり、

「ごちそうさまでした」と最後にもう一度「手」を合わせる習慣があります。

ぜひ、あなたの「手」でトップの製品を感じてください。

あなたの「手」で寿司ストーリーを生み出し、お客様と、日本文化と、あなたの国をつなげて下さい。

そしてごはんのおいしさを、家族や職場の同僚、恋人とおもいっきり楽しみ幸せを味わってください。

そのお手伝いができることこそが、トップの願いです。

お気軽にお問い合わせください。+81-6-6380-3577受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]

お問い合わせ
PAGE TOP